なぜ、『うねり』がおきるのですか?

毛髪は多くの繊維(フィブリル線維)が集まって一本の髪の毛を作っております。その隙間を埋めている物質を間充物質(マトリックス)といい、この隙間を埋める物質(マトリックス)が少なくなると毛形が“いびつ”になり、『うねり』が出やすくなります。

なぜ、『ビビり毛・アホ毛・ちりつき』がおきるのですか?

『ビビり毛』・『アホ毛』・『ちりつき』はペプチド結合によって起きる場合がほとんどです。ペプチド結合を起こすプロセスには二つの理由が考えられます。
第一の理由は損傷毛の発生が考えられます。損傷毛は、熱・強アルカリ・強酸性が毛髪に作用した場合、たんぱく変性を伴いながら発生します。一旦、たんぱく変性をおこしてしまうと化学物質や圧迫・摩擦などの弱い刺激でもペプチド結合を促進させ悪化させる場合があります。

第二の理由は合成樹脂の間充物質への蓄積が考えられます。具体的には被膜剤やヘアマニュキュア、HC色素の原料である合成樹脂が間充物質に蓄積され、そこに熱(加熱パーマ・アイロン・ドライヤーなど)が加わると強い収縮が起き、ペプチド結合を起こしやすくなります。
ペプチド結合はウェーブ力が強いため、なかなか取れません。(パーマの掛かり過ぎ)この状態を繰り返すことによって頑固な『ビビり毛』・『アホ毛』・『ちりつき』が作られます。
『ビビり毛』・『アホ毛』・『ちりつき』・『癖毛』・『縮毛』の共通点は間充物質の形成不全です。そのため、 単にウェーブ剤(パーマ液)だけの処理では伸びと持続性が弱く、簡単に戻り、根本的な解決にはなりません。しかし、心配はいりません。酵素の働きにより頑固なペプチド結合を解除し、同時に間充物質に同化する物質を挿入し、毛の形を円形に整え、『ビビり毛』・『アホ毛』・『ちりつき』・『パーマの掛かり過ぎ』・『うねり』・『癖毛』・『縮毛』を改善します。

ホームケアの手順
1 黒麗ヘアーシャンプー(適量)+黒麗コレクションホームエステパック(1~2cm)+黒嶺ヘアートリートメントリンス(1~2プッシュ)を混合し毎日ダブルシャンプーを実施して下さい。
2 黒麗ヘアートリートメントリンス
(きしみ感の気になる方の場合、ヘアートリートメントクリームを1~2cm加えて下さい。)
3 黒麗薬用育毛剤(医薬部外品)の塗布(6回プッシュ・1cc)
4 黒麗コレクショントリートメントローション5でブロー又はコーミング
5 黒麗ヘアートリートメントローション(サラサラ仕上げ)又は、黒麗ヘアートリートメントクリーム(しっとり仕上げ)